Mergers and
AcquisitionsM&A事業

  • 中小企業間での
    M&A

     国内法人の99.7%は中小企業と言われています。また、その中で後継者不足を唱える法人は約60%に昇ります。国内M&A市場は世界から見ると、まだまだ小規模ではありますが今後間違いなく市場が大きくなります。
     これまで、M&Aというと、大手企業が行っているというイメージが世間的には思われがちですが、新型コロナウイルス感染症の影響による経営悪化や後継者不足などが関係し、中小企業間でもM&Aを行われてきています。当社でも2020年度に2社のM&Aを行いました。

  • M&Aの
    メリット

     M&Aのメリットとして対象会社の既存事業の活用が挙げられます。通常、新しい事業を行うとする場合、事業計画を立て、人員を確保し、一から事業を形成していく必要があります。しかし、既存事業を活用することで、すぐに事業化、収益化できるというメリットがあります。また、事業に携わる人員をそのまま引き継いで雇用の確保も実現できます。新しい事業を引き継ぐことで、既存事業との融合、相乗効果を生み出すことにも繋がります。新規市場への参入、事業規模の拡大を行っていく上で、M&Aは有効な手段の一つと言えるでしょう。

  • さらなる
    事業拡大へ

     日本国内において、少子高齢化に伴い生産年齢人口が低下し、市場規模は間違いなく縮小していきます。今後、市場規模の拡大や市場を確保していく上で海外進出は避けて通ることができない課題です。当社でも、グローバルな人材の確保や海外向けプロモーション戦略などに既に着手しております。M&A事業を通じて、国内市場はもちろん海外進出も視野に入れて今後さらに事業の拡大を推し進めてまいります。